食事療法という名の高血圧防止策|糖尿病患者には糖分なりたくない!

和食

生活習慣病の予防

和食

食事のポイント

高血圧は生活習慣病の一種であり、食事内容や普段の運動などを改善させる必要があります。食事のポイントとしては、血圧を上げるとされる「塩分」の摂取を控えることでしょう。特に、外食には塩分の多いものがあるため注意が必要です。外食でメニューを選ぶ際に、うどんやそばなどのつゆには塩分がたっぷり、味の濃い煮物なども塩分が過剰なことから避けた方が無難です。また、味の薄い食べ物に醤油をたくさんかけて食べたりすれば、それも塩分の過剰摂取となってしまいます。高血圧を改善するには、塩分が過剰の食べ物は避けて、味が薄い場合は、酢やレモンをかけて食べることで薄味を補うことが可能になります。濃い味のものより薄味のものを選んでください。

生活習慣の見直し

日頃の生活習慣を見直すことが、高血圧の改善につながります。血圧は毎日定期的に測って、正常値より上がった場合に気をつけることです。自分がどんなときに高血圧になりやすいのかを把握しておいてください。食事以外で血圧を改善するためには、適度な運動が必要になりますが、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動がよいでしょう。ただし、運動することでも血圧が上がりますから、やりすぎには気をつけてください。また、お酒やタバコなども、飲みすぎや吸いすぎることで血圧が上がりやすくなります。ストレスなどもたまると血圧を上げるもとになりますから、イライラせずにのんびりとリラックスして過ごすことが高血圧の改善になるでしょう。